目からウロコのピアノ指導法~続編

前回の”目からウロコのピアノ指導法”の続編。

講師の方はピアノを習う=ズバリ”譜読み”だと提唱。

あたしもそう思う。

次の図式をご覧あれ。

譜読みが得意⇒練習がはかどる⇒どんどん曲が進む⇒色々な曲に出逢う⇒新鮮な気分で練習できる

⇒練習が楽しい⇒先生に褒められる⇒ピアノ大好き(*˘︶˘*).。.:*♡

 

譜読みが苦手なお子さんはこの逆。

つまり悪循環におちいり,果てにはピアノを習うのが苦痛になるのです。

本来 ピアノが弾けるようになりたくて習い始めたのに。

こんなはずじゃなかった(TдT)

 

実際,譜読みに頭を抱えて,こちらの教室の門戸を叩く生徒が後を絶ちません!

駆け込み寺ならぬ”駆け込み教室”。

せっかく縁あって訪ねてきてくれたのだから,なんとか救いたい。

 

譜読みは習い始めて1年目が勝負。

コンクールに出ている人でも譜読みはできず,CDに頼っている・・とか(・・;)

 

指導者は未来ある子どもたちに,譜読みが自立できるように責任をもちたい。

もつべき!!

 

 

倉敷市 ピアノ教室 リトミック教室

♪らっちゃっちゃ

中村 登希子

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

ピアノと塾